アレンジメント
  1. 無料アクセス解析
書いてみた:印字頭’Z

書いてみた カテゴリーの一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はざわら

 きしりと、戸の軋む音が聞こえた。



 木で作られた建物は、夕刻や明け方のあと、日の有無で生じる温度差に軋むことを知っていた。これもそうだろう、そう考えた矢先にからりと金属片の音。それはノブに吊るされた丸い木片と、そこから糸で繋がる錫の板が擦れて生まれる音だ。随分久しぶりに聞いた気がした。補修をしてからは一度も鳴らされることがなかったもの。響きがいささか違うなと、私はドアを見ていた。回されたドアノブと揺れるベル、そしてそれらの動きを生み出した来客を私は一つの絵のように眺めていた。
「――ああ、いらっしゃい。見ない顔だね。この店は初めてかな。それとも――この街が初めてなのかな」
 挨拶のように告げた、見知らぬ相手への言葉。その人は驚くように私を見詰めた。
「……こんな所に、喫茶店があるとは思わなかった」
「ああ、ああ、そうだろう。しかしその話よりも、私には今からされるであろう注文の方が重要でね。メニューはそちらに用意してあるから、好きなものを――ああ、何を注文したらいいのか分からないって顔だ。そうだね、それなら紅茶はどうかな。コーヒーもだせるけどね、紅茶を注文してくれるほうが嬉しい」
 来訪者は黙ったままだ――少し喋りすぎただろうか? 久しぶりのお客だから、ついつい喋りすぎたのかもしれない。けれど、何より私は喋ることが好きなのだ。それは喫茶店の主人に望まれることではないのかもしれないが、しかし、それを許されることには安堵を覚える。このお客は、果たして、許してくれる人なのだろうか。
「――お客さん? 飲物がいらないのなら、軽食でもご用意しましょうか? 確か、挽肉のいいのが残って――」
「ああ、食べ物はいらないんだ。冷たいアイスティーと、水を貰えるかな」
 ……妙な客だと、そんなことを考えるのは失礼だろうか。戸惑うこちらをよそに、お客はカウンターへと歩いてくる。その注文が当たり前のことだとでも言うように、伏し目がちのまま椅子を引いた。
「あ」
「……ああ、ここに座っては駄目だったか?」
「いえ、そんなことは無いんですが――」
 お客が選んだその椅子は、かつて常連ばかりが座っていた椅子だった。カウンターの隅、空の鉢植えが並ぶ出窓の傍。そこを好んで座った客を幾人か思い出す――誰も彼も無口で、けれどこちらが話しかければ嬉しそうに笑っていた。
 今はもう来ない客だ。いや、来るのかもしれないけれど、ここしばらく姿を見ていない。そこに座ろうとする新客を見るたび、そっと別の席へと案内していた。つまりそれくらいには大事な椅子で、けれど、どうせ今日も来ないのだろう。
「どうぞ、その席にお座り下さい。おしぼりと水を、今お持ちしますので」
「そう」
 短く答え、お客さんは椅子に座る。大きなキャリーバックを床に置いていた。使い古された、年代物の鞄だ。所々に補修の跡がある。アンティークとしてではなく、触られ、酷使されてこその年代物。
 あまり見て入られない。興味は引くが、しかしそれは紅茶を淹れてからだろう。他に客は居ないのだ。話す時間はたっぷりとある。
 やかんに水を注ぐ。水道水ではなく、紅茶の為に調整された水だ。水色の綺麗に出るこの水は店の自慢。コーヒーはコーヒーのための水を、料理には料理のための水を用意している。今から出すお冷も、またそのように。
 瓦斯の火にやかんをかける。準備してあった硝子のカップに水を注ぐ。紅茶と水とは変わった注文だが、しかしそれは私が干渉することではないのだろう。
 保冷庫の中のおしぼりと水をカウンターの表へ。客はおしぼりを手に取り、広げたそれで指から手首、肘へと進めている。すると色が黒くなり、今度は裏側で顔と首筋を拭った。
 何故逆の腕を拭わないのかと思い、視線を動かせば、
「お客さん――それは?」
「ああ、生まれてからすぐにね。直せる人はもう居ないんだ」
「ほう、それは――」
 話を広げようとして、しかしやかんの水を思い出す。紅茶の水は沸かしすぎては意味が無い。沸かしすぎた湯では茶葉を上手く躍らせないのだ。火を弱め、白のポットを用意する。別に沸かしてあった湯をポットへと注ぎ、温めた後湯を抜く。手に取った缶はダージリンのアールグレイ。いささか香りの強すぎる茶葉だが、アイスティーにはこれがいい。二匙の茶葉をポットに入れ、沸き立つ直前の湯を注いだ。高低差を利用し、勢いよく注ぐのがコツだ。
 蓋を閉めて蒸らす。砂時計を逆さにし、待ち時間で別のポットに氷を流し込んだ。茶を入れているポットより大きい物。中には金ザルがあり、溶けた雫が硝子に落ちてゆく。
「お客さんは、最近こちらに越してきた方ですか?」
「いや、旅行……でいいのかな。あちこちをぶらぶらしてる。目的は無いんだから、旅行じゃないかも」
「ああ、それはいい。お客さんが偶然この町に来て、偶然この店に足を踏み入れ、偶然アイスティーを頼んだ。それはいいことです。お客さんがこの町に定住して、常連になってくれればなおいい」
 そういって私が笑うと、お客もまた笑い返してくれた。その笑みには見覚えがある。かつてその椅子に座っていた客達と同じ種類のものだ。
 水はもう飲み干されている。早く紅茶を出したいところだが、砂時計の上部には半分ほどの砂が残っている。まだダンシングすら出来はしない。
「貴方……ああ、いや、ええと、なんて呼べばいいのかな」
 何を話していいものやら、そう考えていた私に、今度はお客さんから話しかけてきた。思えばこの客から話しかけられたのは初めてではないのだろうか。初めてと言うのは、いいものだ。喜びを感じながら答える。
「ああ、そうですね、常連のお客様にはマスターと呼んでいただきました。よろしければ、そのように」
「それでは、マスター。マスターはなんで、こんなところで店をやってるんですか? 客もこないだろうし、やめてもいいだろうに」
「お客さんがいらっしゃったじゃないですか」
「いや、そういうことではなく……」
「まあ、店がありますからね。店があれば誰かが管理しなくてはならないし、店があれば誰か通り縋ったお客が来るかもしれない。それに、私にはこの店で客を待つのが当たり前なんです」
「へぇ……そういうものですか……」
「ええ。――そうですね、お客さんとは逆なのかもしれない」
 考えなしに出た言葉だけれど、これが正解なのかもしれない。うん、あるいは、生まれる前に刻まれたものかもしれなかった。
「……逆、ですか」
「どう言うのですかね。私はそう、待つものなのです。私はただこの店で待っています。日常の暇を費やしに来た方でも、道程の間に暇を求めに来た方でも。お客さんは旅行をされているのでしょう? そういった方はきっと、何か探されているのですよ。それが私にとっての店なのか、まったく別の誰かなのか、私は分かりませんが。私は、ずっとこの店に居ましたから」
「それは……」
 私の長広舌が気に入らなかったのだろうか。お客さんは表情の動きを鈍くし、俯く訳ではなくただ視線を固定する。それは私に望まれたことではないだろう、そう考えて次の言葉を口にする。
「ああいえ、過ぎたことを言いました。私はお客様を知りません。どうぞ、聞き流してください」
「……そうではないのです、ですが」
 お客さんがこちらを見た。そのときに私は、その目が私のものと同じ系列の、とび色の眼球であることを認識した。
「私は、それをプログラムされなかったのです」



 消えようとしている人の、代用として作られたのが私だった。
 人を救う研究は多かったと聞く。それは例えば脳の活動を解析し、人の思考を行える自由な基盤。長寿化や不老化、それらを伴う合成の人体。その末端として、人の先を行くための機械の創造も行われていた。それは「新しい人類」としての機械の人型だ。私はそこから少し離れた、「機械の主人」としてのテストケースだった。
 人を存続させるのではなく、機械に続かせるのでもなく、ただ人の後始末を任された機体。人の居ない世であっても動き続けるであろう機械たちに、目的を与えるための計画だった。人に似すぎた機械の為の機械として、私は製作された。
 水を動力に動く機械は既に居た。そのパーツを流用することで半永久的に活動できる。そのため、私の素体はごくありふれたものだった。ただ、人に似せた肌と、私を人として認識させるための擬似脳にはいささか手間取ったようで、後者は間に合ったものの、前者は腕の肌を残した。左手首から肘までの肌は鈍色が透けている。しかし、そのような概観でも機械は私を人のように認識した。
 その体に出会ったのは、私の意識が作られてからしばらく後のことだ。当時最も人に近かった量産型の知能を流用したためだ。記録が生まれてからの私は、プログラムの加工が終わるまでモニタとスピーカーで会話し、レンズで製作者を見、睡眠をシャットダウンで得ていた。
 その間に行われていた加工とは、第一行程でより人に近くなり、第二行程では人格の成立を、第三行程にて機械の主人になるはずだった。ただ身体と同じように、そこで製作者は倒れた。人に近くあった私にとって製作者の死は悲しく、行程が完成しないことは悔しくもあった。だが、そのような言葉を告げる前に製作者は逝った。身体とプログラムが残され、ダウンロードと調整は自らで行った。
 未完成だったプログラムは私を主人にさせるもの。人の代替となり機械を従える私の「目的」は「手段」に成り下がったままで、私は完成されてしまった。
 最後の行程を私の手で終えてしまうことは、困難であるものの、不可能ではなかったのだろう。けれど私の意識はそれを良しとせず、製作者の作ったままに、私は歩き出していた。
 目的の見つからぬ手段を続けるように。



 お客さんがドアを開け、ベルを鳴らし、店を出て行ってしまった。それはいかほどの時間だったのだろうか。――体内の時計では三十七分十八秒03449……。この機能を私は良しとしない。客の時間を計測することは無粋だと、私のマスターが語ったからだ。楽しい時間は時計に見えないものだと、煙草を吹かせてマスターは語った。私はため息をつく。――客が去ったときの、マスターの動作。
「ありがとうございました――またのお越しをお待ちしております」
 最後の客を見送り、閉店の準備を行う前のマスターの言葉。それを始まりに私はカウンターを出、ドアの札をクローズドに変える。目の前の景色――整備の機械が失われ、崩れかけた街の中に、駆け込みでやってくる客が居ないことを確認し、私はドアをくぐり、いつの間にか錆びていた、金属のベルを鳴らした。
スポンサーサイト

『丸い窓の向こうに』

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

舌根

「舌が上手く切れぬのだ。」
 喋った。
 田に忘れた鉄鍬を取りに行った帰りの夜道、畦に立てられた電柱の、石英灯の光の真下。襤褸切れを纏った男が口を開いたようだった。顔は暗くて見えず、張り出した頬骨に尖った鼻の頭だけが見て取れる。もう冬至を越えたというのに肌は黒く、所々に染みや黒子が残る。皺は無いがそれなりの歳を経ているのだろうと思うが、聴いた声だけはやけに若く瑞々しい。浮浪者だろうか、あからさまに怪しいが、声をかけられて応えぬ道理も無い。
「私に、話しかけられたのでしょうか。」
「何誰でも良かったのだ。誰かに会えば聞く事だ。」
 流暢な言葉に方言は混じらず、この土地の者で無いと知れる。言葉の内容こそよく分からなかったがそれは坊主の話を聞く時と良く似ていた。私の知らぬ事を知る者と話す時、今と似た心持ちになる。
 何の話でしょう、と尋ねようとすると、風向きが変わり男の匂いがこちらへと流れてくる。煙草と泥の混ざったような、腐りかけの葉のような嗅いだ事の無い異臭に鼻を塞ぎかけ、しかし失礼だろうと手を止めた。
「舌が上手く切れぬのだ。どれ、鋏等は持っておらぬか。小刀でも良い。何か、口の中に入る刃物を持ってはおらぬか」
 比喩や暗喩の類、それとも謎掛けだろうか、しかしとんと見当がつかず私は愚直に言葉を返した。
「私の手にあるは鍬しかございません。これが口に入りますでしょうか。」
「流石に鍬は入らぬ。なら、何か術をしらぬだろうか。舌を上手く切る術だ。」
 はて、真逆この男は本当に舌を切るつもりだろうか。冗談に笑いもせず、一声毎に険しくすらなっているように聴こえる。
「ならば、口を噤めばいいのではありませんか。」
「口を閉じては刃が入らぬ。」
「口の中には歯があります。こう、三寸ほど舌を突き出し、口を閉じれば切れるでしょう。」
 言うと男は何やら頭を左右に振り、あるいは顎を突き出し、更に指を口の中へ入れる。そのような仕草を幾つも繰り返した後、またあの声を出した。
「手を貸してはくれぬだろうか。舌が上手く口から出てこん。」
「はぁ」
 そんな義理は無いというのに、不思議と手は伸びていた。からかわれているのかも知れぬし、化かされているのかも知れぬ。あるいは、化かされるなら最後まで化かされようと、そんなことを思ったのかも知れぬ。
「ほれ、口は開いておる。摘んで、引っ張っておくれ。」
 生暖かな口へ手を差し入れた。湿気の混じった息が指先を撫で、指の甲には歯が当たる。ずぶりずぶりと奥まで入り、そこで舌の先を見つける。人差し指と親指で摘めば、滑らずに纏わりつくような唾液に耐え、痛みの無いよう緩やかに引きずり出した。四寸はあるだろうか。石英灯の青白い光に晒され、やけに赤く歪だ。
「これでよろしいでしょうか。」
 声は出せぬ様子で、頷くような仕草にあわせ、男は口を閉じた。
 切り離された舌が私の指を基点に振り子のようになる。何故か血は出ず、かわりにほう、ほう、ほう、と男が啼く。
「やぁ、ようやく切れた。ありがとう。ありがとう。」
 俯き、こちらの横を歩いて通り過ぎた。驚きのあまり言葉も出ず、振り返ったが襤褸布の切れ端も見えぬ。もしやこれは化かされたのかと、舌を摘んでいた左手を見やった。
 何か得体の知れぬ生き物の切れ端でも口の中に仕込み、それを私に掴ませたのかと、そう思ったのだが、そこにはもう舌がない。粘液も血もなく、これまでが嘘だったかのように消えている。
 そういえば、男が消えた方向には街があるのかと、唐突に気付いた。
 舌がなければ上手く喋れぬ。ならば切れたのは二枚目のそれだろう、そう考えて帰路に着いた。

たおれさく・2

/歯の欠けた車と時間、連鎖するように、
空回りを続けている。       /


 朝食を終えて。
 ざらざらざらざらざらざらざらざらと、丸薬に錠剤に粉薬、色んな薬を流し込んだ。
 何回かに分けて少しずつ水を飲み、息をつく。
 これだけ量が多いと、おかずが一皿多いみたいなものだった。一粒一粒は小さいけれど、それなりに腹に溜まる。
 不味いけど。
 良薬口に苦し。
 良薬なんだろうか。
 きっと良薬なんだろう。
 良薬かどうかはさておいて、苦い事だけは確かだった。

たおれさく・1

せっかく小説ジャンルなので昔描いた小説をちょろっと。
ちまちま更新していこうと思います。



/僕の体は、古ぼけた時計のようで/


 朝。
 続き続けていた落下が地面に衝突した様に、唐突に目が覚めた。衝撃も何も無く、だから、あれはきっと夢だったのだ。ただ僕は、目蓋は閉じたまま身体の各所に意識を配った。
 胴体には毛布が掛けられ、間に温い空気がわだかまる。袖のめくれて剥き出しの腕は温かく、けれど裾からはみ出した足が恐ろしく冷え切っていた。血が通っているのかと、僕は不安になる。
 ……けれど、まあ、いつもの事だった。