アレンジメント
  1. 無料アクセス解析
印字頭’Z

2009年05月 のアーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きょうのにっき

今日は日記を更新しようと思っていたのですが仲の良かった伯母が余命一週間だと聞かされたので延期です。
スポンサーサイト

疲れてんのかな……

20090526033610

本当に普通の日記。

20090525035417
拝啓

若葉も濃く色付き、ツツジが咲き乱れる今日この頃。皆様どうお過しでしょうか。
私はといえば東京での生活にも慣れ、新たな仕事も順調にこなしています。困ったことといえば、生活費に余裕がなく、本を買えずにいることくらいでしょうか。
私の友人は関西に多く、その為昨今の疫病騒ぎは人事と思えません。今の所私の元へは友人が流行り病に罹ったという知らせは届いておりませんが、しかしこの度の病は多くの者に感染すると聞き及んでおります。どうか友人の皆様は滋養のつく物を食べ、御自愛なされるよう。
それでは、東京にお越しの際はお声をおかけください。水先案内とはいきませんが、お話の相手程度ならば不肖の身にも出来うるように思います。

敬具



むぅ。普通過ぎる。

最近夢ばかり見る

皆さんこんにちは。最近はどうお過しですか?僕はお元気ですか?
いやいかん、今日は普通に。
最近妙なことばかり書いてるので自重。
最近は深夜五時に周囲を徘徊して、「ヒャッハァー! この道路は俺のもんだァー」とかやってます。あとはそうですね、夢の中で、女の子の手を引いていたらその娘の頭やら足やら腹やらがミンチになったりしています。
……どうしよう、普通過ぎてネタにならない……。
あとはそうだなぁ、女の子とエロいことがしたくてたまりません。
大丈夫。まだ犯罪は犯してない。
ああ、あと新しい小説書いたりしてます。前回のは300枚位書いたんですが、なんか気に入らなかったので没に。そのうち公開しようかしら。かしらかしらそうなのかしら。うてなの影絵か。
新しいの、なんかキャラクターが大分多く、おまけに自分と丸で違う性格な為苦労しています。なんだろう、暇があれば「こいつらどんな性格なのかなぁ。どんなことをどんな風に話してんのかなぁ。何をするのかなぁ」みたいなことばかり考えています。まだ、キャラが掴めていない感じ。
昔から温めていたネタなんで、書くことはあらかた決まってるんだけれども。
でもなんだろう、やっぱり書いていると落ち着く。創作系の趣味を持つ人ならわかると思うんですけど、自分の中のもやもやしたものが結実して、何かになる瞬間、というか。
ただ、問題は今の自分の内面と全く違うって所なんですが。ドグラマグラ書く気持ちでサザエさん書いてる、みたいな。
ただ、やっぱり




「何か面白いことを言って頂戴」
「お前は何様だ!?」
「うるさいわね、パンがないからコンビニに行きなさい」
「どこのアントワネット……じゃない!?ただのパシリだ!?」



コイツら楽しそうだなぁ。

なん……だと……?

ちょっと面白そうなゲームがあったので取り上げてみる。

soukuu200_04.jpg

キャラクターイラストやスキル、シナリオを注文し獲得することが出来るノベル型RPG。
らしいです。
マルチエンディング、ではなくフリーエンディングストーリー、でいいのだろうか。
イラストやスキルカットを絵師に、ボイスを声優に、シナリオをライターに依頼し、それらを購入することによって「自分だけの」ゲームを獲得できる、とか。

……ぶっちゃけた話。金がかかりすぎるような気はするんですが。
でも「こういうストーリーが見たい!」「この声で喋って欲しい!」「マイナーだけどこんな絵師が好き!」とか、そういった希望がすべてかなえられるゲーム、って異常に珍しい……てかTRPGくらいしか無いと思うので、ちょっと気になります。
……まぁ1つの注文で1000~3000円とかかかるらしいので地獄ですがね!
でも金持っていて時間が少ない、という社会人にある意味向いたゲームかもしれない。
まだ実際に動いてないゲームだけれど。
てか、実際に動いたらクリエイター側の人手が足りなくなってドン詰まりになりそうだけど!
アレだなぁ、クリエイターを免許制にして増やすとか、そういうシステムが必要になりそうな。
オチ? ないよ?

特に意味は無いよ

新芽が碧く色付き、風に夏の匂いが混じり始めた今日この頃。皆さんどうお過しでしょうか。
最高ですか? 最高にhai! ってヤツですか? それともヒャッハァ? うひょー? もしかしてオラオラですか?
私は元気でしたか?
貴方の追憶の中で私は笑っていましたか?
だとすると相当気持ち悪いですね。死ねばいいと思います。
みんな死んで犬と猫が支配する動物まみれの世界になればいいと思います。
最高ですか?
サイコーですか? シュージンですか? 私はケンジです。貴方はタカシですか?
ただのタカシには興味ありませんか? マスク・ド・タカシがいいのですか?
貴方が落としたのはこの綺麗なタカシですか? それともタカシですか?
私がタカシでしたか?
意味がよく分かりません。
貴方は意味がわかりましたか? 分かったのならそれは統合失調症の疑いがありますか? 知りません。知っていましたか?

復活の俺

いつも、買い物をして通り過ぎるだけの大通り。見慣れた道から少し外れて、一つ隣の裏道へ。
人が息づいている場所を歩く事が、私はとても好きなのだ。
――晴れた空。
降りかかる陽光は木の葉にばら撒かれ、空気中を舞っている。風が吹き、光の飛沫を乗せたそれが私の隣を通り過ぎる。
苔生したブロック塀。隙間からその家のお庭が見えた。レンガで囲まれた花壇、冬に植えた種が花をつけている。色の境は曖昧だ。隣には土肌が見え、柵の外には使い込まれた道具が、バケツの中に群れを成している。
歩いていけば塀もない古い家に、大きな木が根付いている。それはこの土地に、新入りの私なんかよりも遥か昔から生きている先輩だ。見上げるほど背が高く、光に透ける葉の向こう、鳥の巣が見えている。
子供を二人連れた母親が、向かい側から歩いてきた。母を中心に回る衛星のように、子供たちははしゃぎまわっている。買い物の帰りか、歩くたびにビニル袋の擦れる、あの音が聞こえた。会釈をすれば驚いた顔をして、けれど笑顔で返してくれる。母親はそのまま私の隣を通り過ぎ、子供達と今晩の献立を話していた。
空を見上げる。
雲が太陽に透け、その瑞々しさを地上のここにまで届けてくれて。
私は、いつも通いなれた道の一つ隣、裏道を歩く事が好きだ。いままでのっぺらとしていたその道の、今まで見えなかった表情を見ることが好きだ。
――ただ、一つ違和感がある。
それは――