アレンジメント
  1. 無料アクセス解析
夢が:印字頭’Z

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢が

-ー夢を見たんだ。
それは退屈に寝入ってしまったときのもので、二時から五時の短い間。普段着のまま見た夢は、誰かが死んでしまったようで、傍に立つ一人が、ぼろぼろと涙を零した。水晶体のようなそれが頬骨で出来た窪へと溜まり、溢れ床へと落ちて行くのだ。
それは多分僕のもので、穴の開いた涙腺を、塞ぐことすらしようとせずに。
目が覚めれば起きぬけの目が微かに潤み、あんな風には泣けないのだと、思い出して泣きそうになった。
スポンサーサイト

コメントの投稿
非公開コメント

トラックバックURL