アレンジメント
  1. 無料アクセス解析
幼児時代Ⅲ:印字頭’Z

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼児時代Ⅲ

 さて、幼児時代Ⅲである。
 奇妙な動画を投稿しておきながら説明は一切無いが、それもこのブログらしいようにおもうのである。嘘である。である語尾を使いたくて無理に使ってみたところ語感が悪くなったのである。そのうち変な人たちがフォローするはずであるので、長々と待ってくれればいいと思う。
 そう、フォローといえば前回の記事である。
 前回の記事にて何人が読んでいるのかを確認してみたところ、実に八人が読んでいた。拙者、びっくり。ちなみにこの数はコメントを含んだものであり、拙者を数えれば九人である。実に十人近い人間がこの記事を読んでいるらしい。嘘である。嘘だ。何故拙者を数に入れたのかと言われれば、そっちの方が人気がありそうだからである。拙者、見栄を張った。
 それを変な人たちに取り上げてもらい更なるネタにするはずだったのであるが、生憎、機会を逸した。拙者、幸運の女神の前髪を掴むことができなかった。しかし幸運の女神というのは不思議なのもので、目の前をそんな女が走り去っていけば先ず間違いなく誰かがツッコむはずである。大阪に行けば道沿いの人々が総ツッコミであるはずなので、それはもう大変なことである。拙者、大阪に対して過度の期待を寄せている。とりあえず、拙者が突っ込むとしたら「笑太かよ!」であるはずだが、しかしこのツッコミはリンガフランカを読んでない人にとっては分からない。拙者、不親切であった。
 しかし今日はやけに拙者、○○であったというフレーズが多い。
 さておき、幼児時代Ⅲである。拙者、さておいた。
 この頃の拙者といえば友人控えめの低カロリーであり、コーヒーのCMに採用されんばかりのカリスマに溢れていた。嘘である。拙者、その頃はコーヒー飲めなかった。つまりはそういう時代である。
 この時代の拙者、M県の熊野市に在住であった。モロバレである。三重県の熊野市であり、井戸小学校に通っていた時分もあった。たった二年間ではあるが、思い出深い土地である。
 初恋、初交通事故、初窃盗などもこの時期である。嘘である。いやしかし嘘ではない。
 初ヤンキーとか初水風船落下とか、初雨の中でのランニングや初釣り、初スカートめくりに初救急車もこの土地であった。どれも本当のことであるが、しかし果てしなく嘘っぽい。けれど信じて欲しい、拙者は嘘なんて言ったことがない。嘘である。
 とりあえずここに当時の思い出を書いておき、次のネタの構築をやりやすくしようという算段である。拙者、計算高い。嘘である。計算高かったのなら、スカートどころかパンツまでめくっていたなんて明かしはしない。
 前述の話を放置して、今回は友人H君の話である。ここに来るまでにえらく時間が掛かった。もうこの時点でこの文章を呼んでいる人間は居ないように思われる。このカテゴリーでは一行目を開けることに気付き数行に空白を入れるだけでもめんどいことであるので、おそらく皆見出ししか読んでいない。そんな人らはとりあえず文盲とでも呼んでみようと思う。嘘である。ごめんなさい。
 拙者さておくが、友人H君、大層お金持ちのお子様であった。何せ超合金の五体合体を幾つも所有していた。一方拙者が持っていたのはレゴブロックであり、貧富の差は歴然であった。こんな時点で人生に差をつけられていたのかと思うと、拙者、絶望する。だが絶望しない。意思は望む方向に伸びる!
 小説の一フレーズを真似てみたが、拙者の記憶おぼろげである。意思は望む方向に伸びる、と書いたときに医師は望む方向に伸びると書いてしまい、よもやチョッパーもゴム人間であったとは、と拙者酷くびっくりである。
 さてH君であるが、彼は進研ゼミを受講した。当時の拙者、酷く憧れた。あの効果がよく分からない楽しげな機具に興奮を覚えたものである。以来進研ゼミのパンフレットは常に熟読するようになり、あきらかにH君の影響を受けていた。H君のおかげで今の拙者が居るといっても過言ではない。過言である。新しいパターンが出た。
 しかし、H君が進研ゼミを受講して居たのは僅か半年である。H君は同い年なのであるが、H君は小学校に上がってすぐ進研ゼミを始め、そしてやめてしまった。拙者大いに失望である。だが、H君は格が違った。彼は進研ゼミを早々に見限り公文式に入門したのである。
 公文式にも拙者、大いに憧れた。H君の器は進研ゼミなんてものには納まりきらないものだったのである。将来を見据えた選択に、拙者、大いに揺らぐ。H君はこれほどの大人物であったのかと、現在の拙者もびっくりである。H君の株は不景気にすら敗北を許さなかった。
 拙者もまた、引っ越してから公文式へと入門することになる。まさかその影にH君の影があったとは、今の今まで気付くことがなかった。拙者の人生に与えたH君の影響に、拙者びっくりである。引っ越して以降H君とは会っていないが、今はきっと大人物であると拙者は想像する。
スポンサーサイト

どこからツッコめばいいんだ……
黒い物体Z | URL | 2009年10月16日(金) | コメントを編集 |
コメントの投稿
非公開コメント

トラックバックURL