アレンジメント
  1. 無料アクセス解析
紅茶の淹れ方:印字頭’Z

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅茶の淹れ方

つー訳で、予告よりちょい遅れましたが。紅茶の淹れ方です。
友人には「あれはつまらん、てか訳がわからねぇ」とか言われましたが書きます。
悪いか。
 えーと、という訳で紅茶の淹れ方からですー。



 紅茶の正しい淹れ方、なんですが、これにはいくつかの説があります。
 紅茶の国、イギリスでいろいろ論争があったんですねー。ミルク一つとっても、「紅茶を入れてからミルクを入れると美味しい」「ミルクを入れてから紅茶を入れると美味しい」という二つの主張がぶつかり合ったことすらあったり。MIA(ミルク イン アフター)とMIF(ミルク イン ファースト)ですね。この論争は英王立科学協会が「MIFが美味しい」と2003年に結論付けたんですけれど。しかし、この論に反対する博士がいたりして、なんというか、こう、何をやってるんだ英王立科学協会。他にやることないのか。
 ま、諸説ありますのであとはもう個人の選択次第なのですがー。



 その辺調べると本が出てたりして面白いのですが、今回はとりあえず自分の淹れ方を。



①、やかんでお湯を沸かす。
 ポットは駄目。やかんに汲みたての水を一リットル以上入れ、強火で沸かす。
 これは水の中の酸素量に関係しています。一度沸かしたお湯や、汲んでしばらく置いた水は厳禁。お湯の中の酸素量が少ないと茶葉がジャンピングせず、美味しい紅茶が淹れられません。
 お湯は完全に沸騰させるのではなく、水面に5ミリほどの気泡が出来るまで。完全に沸騰させると酸素量が減り、これもやはり上手くジャンピングしません。
 紅茶に最適な抽出温度は98℃とされていますが、上記の状態でも98℃はちゃんとあるんですね。


②、ポットを温めておく。
 お湯を注ぐポットはあらかじめ温めておきます。前述したとおり最適な抽出温度は98℃なのですが、冷えたポットでは温度が下がってしまうので。
 くれぐれも、緑茶と同じ淹れ方をしないように。緑茶は80℃で淹れる為ああいう手法なのです。



③、茶葉
「私に一杯、ポットに一杯」という言葉はよく耳にすると思います。これ、要するに人数分+一杯ということなのですが、紅茶の一人分はカップ一杯ではないって、知ってましたか?
 ティースプーン一杯は、実はカップ二杯半です。それが一人分の紅茶なんですね。一杯目で香りを楽しみ、二杯目で味と色を楽しむ。そうすると三杯目は飲み終わるまでに随分時間がかかり、結果濃く渋いものになります。その為、ティーウィズミルク(ミルクを入れた紅茶)にして楽しんだり、お湯を足してのんだりします。それが正式な飲み方なんですね。
 また、茶葉の分量は紅茶の種類や加工方法によって違います。パッケージに正確な分量が載っているのでそちらをご覧下さい。
 あとはお好みで、茶葉の分量を調整するだけです。


④、お湯を注ぐ
 茶葉を入れたらお湯を注ぎます。
 お湯は高低差をつけ、高いところからお湯を注ぎます。お湯を注ぎ足したり、茶葉を後から入れるのも厳禁。お湯を注いだら蓋をしましょう。




 この時点で、上手く行っていれば茶葉が水面近くに浮上していると思います。
 ここからは最後の仕上げです。



⑤、ジャンピングさせる
 三分から五分ほど待ったらジャンピングさせます。ジャンピングというのは茶葉を踊らせること。
 地面と水平に、ポットに円を描かせましょう。ゆっくり、そっと二~三回転させると水面近くに溜まっていた茶葉が上下します。それによって紅茶が美味しく抽出されるのです。
 そして少し待ったら飲みです。


⑥、ティーカップを温めておく
 アイスティーも美味しいのですが、やはり紅茶はホットティーが一番。カップにお湯を注いでおき、温めましょう。あとはお湯を捨て、紅茶を注ぐだけ。



 一杯目は香り。二杯目は味と色。最後はミルクやお湯を入れて楽しんでみてください。
「紅茶は渋い」などというイメージが払拭されると思います。
 紅茶をあまり飲まれない方も、是非一度、お試しあれ。








 ということで、お付き合いありがとうございましたー。
 ぶっちゃけ、基本的なことしか書いてないので本を読めば普通に載っているようなことではあるんですけれど。
 自分も初心者なので、これからも色々試してみようと思いますー。
 今後も、ティーパックの正しい淹れ方やらアイスティーの淹れ方やら書こうかと思っているので、またいずれー。
スポンサーサイト

コメントの投稿
非公開コメント

トラックバックURL